« 2011年04月 | メイン | 2011年06月 »


日弁連会長声明 2011/05/01

 日弁連会長声明で政府・文科省に対して児童生徒が受ける被曝線量が20ミリシーベルトまで許容できるのか、今までは普通の大人でも1ミリシーベルトが基準量だったはずなのに・・・・などの問題点を指摘して改善を求めています。このままでは子供たちに大きな被害と禍根を残す。マスコミのだらしなさも感じざるを得ない。真実を伝えてほしいものだ。