« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »


防災の日に大激震 2008/09/02

 9月1日は防災の日だった。関東大震災から85年になった。今年も防災用品を新たにそろえた。簡易トイレと消毒液である。賞味期限を確かめながら、足りないものを少しずつ増やしている。備えあれば憂い無しである。私のささやかな防災対策である。
 
 夜になって福田首相の辞任の報、突然のニュースにビックリした。私には余りにも唐突でどうしてという思いである。首相は簡単に辞められる職責なのでしょうか。国民の目線で・・・・、安心実現内閣、国民のために・・・・という言葉が虚しい。
 これからも国民不在ともいえる政治が続くのだろうか。国民主権、民意を問う時期が来ているのではないでしょうか。また、坂本龍馬の『今一度、せんたくいたしたく申し候』という言葉を思い浮べている。