« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »


誤り方と謝り方 2007/10/29

 最近、酷い事案が多過ぎませんか。数え上げたら枚挙に暇が無い。
思いつくままに列挙してみよう。不二家、ミートホープ、白い恋人、赤福、比内地鶏、などなどの食品偽装事件。鹿児島選挙違反でっちあげ事件、富山の柳原さんの冤罪事件、警察官と教員が起こした人権侵害事案の多いこと。薬害C型肝炎事件、防衛省の情報隠蔽疑惑や便利供与疑惑など。ボクシング世界戦での反則行為などなど・・・・・。
 人の道から外れた誤った出来事が多すぎます。その裏側には内部告発をしてまで正しいことを貫く多くの人がいることを・・・・・・私たちは知るべきだ。
事が明るみに成ってからの関係者の態度や行動を見れば分かる。それにしても謝り方が酷すぎる事案が多すぎますね。誠意が伝わってくる謝り方がどれだけあったでしょうか。


福祉機器展に行ってきました。 2007/10/17

 先日、福祉機器展を見に有明のビックサイトに行って来ました。この福祉機器展は毎年開催されていますが、初めて見てきました。障害者が車椅子でビックサイトまで出掛けるのは大変なことですが、実物を見ないと話にならないので行って来ました。盛況で混雑していましたが実物を見て本当に良かったです。
 最先端の技術や機能を備えた機器を見ながら自分に役立ちそうな物を探してみた。障害者の機器はそのすべてがオーダーメイドといってよい。100人100通りのために最も相応しいものを選ぶのが大変なのです。しかも価格が高い。高コストにならざるを得ない。さらに現実は補助が無く自己負担の場合が多い。補助が無ければ使いたくても使えないことにもなる。目が肥えたが厳しい現実を知ることにもなった。
何せ現行の障害者自立支援法になってから自己負担が大幅に増やされてしまったのだから・・・・・・


力士の死亡に物言い 2007/10/02

 力士が死亡した事案でメディアが賑やかだ。係争中のことであるし真相の究明が待たれる。まず始めに亡くなられた力士の冥福をお祈り申し上げます。
 今までのメディアの報道では、力士の死亡に兄弟子や親方まで関与しているようである。これが真実ならば大変なことである。親方が・・・・、親方といえば若い力士を預かり、立派な強い力士を育てる使命を負っている担っている筈なのに・・・・・。有ってはならない出来事である。
 真相の究明が急がれる。責任の所在は・・・・相撲協会の対応にも注目しなければならない。稽古と称する暴行ではないかと・・・・・・。このようなことが起こっては安心して子供を預けられない。人権や教育という視点から見ても体罰や暴力は許されない。
 今日10月2日は非暴力の日である。