« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »


コムスン問題の本質 2007/06/28

 介護事業最大手のコムスンという会社が不正請求等等で摘発された。介護事業を食い物にした許し難い出来事である。介護事業からの撤退を表明したが、不適格事業所の排除は当然である。
 なぜ、このような不正が行われるのか。それは儲からないからである。利益が出ないからである。そもそも介護事業で儲けるという発想がおかしくはないですか。利益追求では成り立たない事業なのである。それなのに介護への倫理観が欠如したとも取れる利潤追求の会社ならば当然起こりえることだろう。コムスンの後を引き受ける事業者の動向を見ても答えははっきりしている。
 介護は以前は行政の措置事業であった。それが高齢化社会の進行と財政赤字の削減のために、介護保険制度を導入し、『官から民へ』の規制緩和の政策の下で民間参入が促進された。その結果として介護現場は苦しんでいる。介護はそもそも利潤追求では成り立たない事業なのに・・・・。

 この度のコムスンのような不正はあってはならないが、起こりえる素地はある。現実に介護ヘルパーや訪問看護士が辞めていく、転職する話を、募集しても人が集まらないなど数多く聞く。しかも介護現場の労働は厳しいことも多い上に介護報酬が低い、介護時間が細切れで低所得、将来への見通しが暗い状況では致し方ないのではないか。介護者が安定した生業が出来るようなしくみにしなければ、先先、介護現場は崩壊してしまうのではないだろうか。障害者で介護を受けている身としては、不安と心配が尽きない。


水不足に備えよう。 2007/06/14

 今日6月14日、関東甲信越地方も梅雨入りした。これからうっとうしい日が続く。例年のことだが梅雨では適度な雨がほしい。降り過ぎては災害になるし、少雨ならば水不足になる。今年はどのような梅雨模様になるのだろうか。関東地方の貯水池では、すでに貯水量が平年より大幅に少ない。空梅雨にならなければ良いのだが、少々気になる。もしも空梅雨ならば、今年の夏は大変なことになりそうだ。
 水不足で日常生活に甚大な影響や被害がでるからである。飲料水はもとより生活用水が・・・・給水制限や断水になればシャワーやお風呂だって厳しくなるだろう。今から節水に努めようではありませんか。
 今から、身の回りの水の節水を実行しよう。ラニーニャ現象が現れていることから、今年の夏は猛暑になりそうなのだ。最悪の場合は水不足で猛暑になる。そうならないように願うが、備えはして置こう。


背番号18が復活 2007/06/12

 嬉しいニュースが飛び込んできた。桑田投手がメジャーに昇格した。しかも背番号18である。パイレーツという球団も粋な計らいをしてくれた。
 初登板は2回2失点2四死球だったが、記念すべき登板になった。39歳は現役日本人選手では最年長である。桑田投手が今年14人目のメジャーリーガーになる。
 私は桑田投手のファンなので人一倍に嬉しく思っている。遡れば高校野球の頃からである。桑田投手には一試合でも多く、一日でも長く活躍してほしい。もう、失うものは無い筈である。諦めずに努力すれば道は開けるものです。まさに『栄冠は君に輝く』である。拍手を送っている。


オレンジジュースもマヨネーズも 2007/06/04

 最近、いろいろな品物の値段が上がっている。消費者物価が上がったとかインフレになったということでもないのに・・・。原油をはじめオレンジジュースやマヨネーズなどの身近な食品まで値上げが続いている。その原因は地球温暖化対策の影響らしい。バイオエタノールの生産増加のために食糧作物へしわ寄せが来て、食料品の値上げに繋がっている。地球温暖化対策は世界中で取り組まなければならない急務な課題だが、その前に食糧危機がやってきそうだ。我が国の食料自給率が40%足らずなのだから、背筋が寒くなる。我が国の最優先の経済政策は地球温暖化対策と食料自給率の向上ではないだろうか。
 ちなみに、明日は世界環境デーだし、6日からはサミットだし・・・・日本の指導者の責任と実行力が問われそうだ。


気象記念日 2007/06/01

 今日は気象記念日である。また電波の日でもある。ここでは気象・天文に関することを書こうと思う。
東京では昨日、激しい雷雨に見舞われて雹まで降ったところもあったそうだ。雷雨は有り難くは無いのですが、毎日時々空を観て流れる雲や肌に触れる風を感じるのも楽しいものです。渇きや湿り気を感じるのも・・・・。間もなく東京も梅雨に入ります。平年並みならば6月10日頃である。
 その前に観られる天体ショーがあります。6月10日頃までの晴れた日の夕方、日没後30分頃まで、西北西の方角、高度15度ぐらいに水星が観えると思います。水星の左上には金星が黄色く明るく瞬いていることでしょう。是非、晴れた日の日没後は西の空に注目してみましょう。一番星みーつけた、二番星みーつけた・・・・・・。