« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »


日本ダービーはウオッカで乾杯 2007/05/28

 昨日行われた競馬の祭典・日本ダービー(東京優駿)で牝馬ウオッカが優勝した。64年ぶりの快挙である。そもそもダービーというレースは牡馬のためにあると思っていた。牝馬が出ても良いのだが、関係者はよっぽど自信があったのだろう。牝馬は通常一週間前に行われたオークスに出ているのだから・・・。18頭中の中の唯一の牝馬が17頭の牡馬を引き連れてのゴールする光景は、圧巻であった。
有利なのは斤量が2キロ軽いことぐらいで天晴である。余計なことだが、手綱を執った四位騎手が一位で良かった。四位なら様にならないもの・・・・、 ちなみに私の予想も的中したのでウオッカの優勝を祝ってワインで乾杯した。


憲法を考える日 2007/05/03

 今日は憲法記念日です。今年は日本国憲法施行後60年である。この憲法の改正を目指す改憲派の動きが激しい。今なぜ日本国憲法の改正なのだろうか。しかも、なぜそんなに急ぐのか。重要視しなければならないのは、急いでいるのが政府だからである。心配な兆候である。
憲法はそもそも政権が替わろうとも政府を縛るものである法律なのです。その縛りは憲法第九条なので、政府・改憲派はその縛りを解いて易しく言えば護憲派が言う『戦争ができる国にする』ことだろう。
 戦後62年、平和憲法の第九条があったからこそ、平和な生活が保障されてきた。この間に何か不都合があっただろうか。第九条の改憲派の狙いには、何か胡散臭さを感じる。何れにしても私たち国民が決めることです。そのためには政府や政党には時間をかけて丁寧な説明を求めたい。